ハゲていてもかっこいい男

ハゲてる男でカッコいい男もいる。
ハゲてる男はカッコイイ!!というようなことが、ネットのキーワードに載っていました。

 

たしかに、ハゲていてもカッコ良ければいいとも思います。どうすればカッコいいハゲになれるのだろう?

 

( 回 答 )
それは、薄毛、ハゲとモテることは別に考える必要がありましょう。

 

名前を出すのは控えますが、日本の芸能人でも、髪の毛が少なくてカッコよい男はいますよね。

 

ユル・ブリンナーや、ショーン・コネリーなど、ハゲていて、カッコ良く、女にもモテまくりです。

 

先日、週刊誌を読むと、美女のアイドルがタレントのモト冬樹さんに夢中になっていたことが報じられていました。

 

薄毛でもあまり卑下しないことです。

 

「ハゲてしまったら、もう女性にもモテず、皆にからかわれピエロになってしまう」などとは、考えない方がよい。

 

薄毛がもてないのではなく、薄毛が気になってしかたなく、おどおどしたり、消極的になるのが、女にモテなくなる原因の最大のものと、私は思う。

 

薄毛なので女の子にもてないのでは、という苦悩がストレスとなってしまうと、悪循環が発生します。

 

髪の毛は、ストレス、心の悩みがあると生えてこず、やせ細ってしまったり、抜け落ちてしまうのです。

 

ですから、まずは、抜け毛が起こったのなら、「心の安定」をはかり、薄毛対策をおこなう必要があるのです。

 

人生、つらいことはどうしても起こります。

 

修行のために、この世に生まれてきたからです。

 

生きる苦しみ、死ぬ苦しみ、愛する人と別れる苦しみ、イヤな奴と一緒にいることの苦しみ、などなど。

 

髪の毛を生やしたいなら、まずは心の安定をめざします。

 

ストレスの軽減。

 

一つの方法は、ハゲていてステキな人を探すことです。

 

自分のモデルにするのです。有名なハゲてもカッコいい芸能人、プロスポーツ選手の写真などを身近において、こころの支えとしてもよいでしょう。

 

作家でもいい。遠藤周作氏は、自分のエッセイで、非常に多くハゲについて書いています。

 

高校時代(30年以上前のこと)に、遠藤周作ぼユーモアエッセイを愛読していましたが、

 

「こんなに、ハゲとは悩みの種になるのか・・・・・」と、

 

身体的な遺伝子としては、おそらくハゲ体質だろうと覚悟していたので、少し将来の自分が不安にも思えました。

 

高校生の時のことです。

 

大作家、遠藤氏も苦しんだのです。

 

しかしそのこともユーモアとして、エッセイに書く心の余裕を得たことを見習いたい。

 

私は大好きな遠藤氏を思い、20代の薄毛時代には、心のささえとした時期があるのです。

 

もっとも、ベストの方法は、育毛シャンプーと漢方育毛を実践し、髪の毛をぼうぼうに生やすことですね。

 

このサイトをはじめ、育毛情報は多いほどよいです。

 

よい育毛商品、薄毛対策商品と出会うことが、非常に有効です。

 

髪が生えさえすれば、ハゲの悩みは消えるだけでなく、

 

毎日が、「あー、ありがたい!!」という感謝の日々になるのです。

 

なぜ、ハゲというものがこの世に存在するのか?

 

また、メガネや義歯ではからかわれないのに、カツラだと「疑惑」といった感じで取り扱われるのはなぜか?

 

髪の毛については、いろいろと考えさせられますが、とりあえず、自分の髪の毛をぼうぼうに生やし、薄毛対策を目指しましょう。

 

薄げ泰作を行うと決めたときから、髪の毛は復活しはじめるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です