薄毛にはストレスが大きな要素をしめる

薄毛はストレスが関係するのです。

 

薄毛にはストレスが大きな要素をしめるのです。

 

では、薄毛対策としてのストレス対処について、どうすればいいのでしょう。

 

 

 

fotolia_100528805_xs

 

 

髪の毛の悩みの多くは薄毛の解消です。

 

薄毛を治すためには「安心」「リラックス」という心の平安が重要なのです。

 

ところが、薄毛の問題点は、

 

「薄毛そのものがストレスの元なのだ」ということなのです。

 

薄毛の状態は、ストレスのもとなのです。

 

円形脱毛症を、知人に指摘され、一気にウツ状態に陥った女性もいます。

 

髪の毛が「見た目」の大きなポイントだけに、気持ちの動揺はあるのですね。

 

ですから、まずは発毛の小さな成功を収めることが必要なのです。

 

発毛の可能性を見出すことで、不安は小さくなるわけです。

 

 

頭髪の状況と、抑うつ気分は比例するので、髪の毛の増加とともに、ストレスは解消され、さらに髪の毛が増えていきます。

 

私も、初めて頭のテッペンを、あわせ鏡で見たときはショックでした。

 

ひたいがやや、薄くなってはいたが、「ヘアスタイルを工夫すれば、なんとかなる」と思っていました。

 

ハゲてないかな?と思いつつ、あわせ鏡で、頭頂部をみるのは、なんとなく、怖くてみれなかったのです。

 

fotolia_61237470_xs

 

 

あなたは、あわせ鏡で、自分の頭頂部を正視できますか?

 

 

今から30年近くも前のことですが、頭頂部にショックを受けたときのことは忘れられません。

 

抑うつ状態。

 

軽い吐き気。

 

「こんなに進行していたのか?」

 

「走るハゲの恐怖」と当時の日記に書いています。

 

20代でハゲを自覚することは、本当に精神的ショックです。

 

「この先、どうなるのだろう?」という不安感です。

 

 

以前のベストセラーに「人は見かけが九割」というようなタイトルがつけられたり、人は身体的なものを気にするものなのです。

 

薄毛状態が、結婚前であれば、女性も、男性も、恋愛、結婚に消極的になるかもしれません。

 

抜け毛のショックから抜け出すためには、小さくとも成功体験が欠かせません。

 

そのために、あらゆる情報を収集しましょう。

 

このような、インターネットのサイトで情報を得るとともに、専門家の意見も聞いておくとよいです。

 

私が、絶望的なショックから立ち直ったのは、

 

1.育毛・発毛に関する本を購入

 

2.皮膚科の先生に相談

 

3.漢方薬の店主に相談

 

以上の3点で救われました。

 

 

fashion barber making undercut style for his client.

 

 

育毛・発毛は可能なのだ、と信じられることが心のケアの重要点です。

 

あれから30年。頭頂部はほとんど変化ありません。

 

育毛漢方の手法で、頭頂部は最初の6ヶ月くらいで髪の毛がよみがえったのでした。

 

あのとき、情報収集せず、単に薬局に行って養毛剤を買うだけだったら、どうなっていたことでしょうか?

 

今の、私の見解は、

 

「育毛努力をすれば、髪は生える。ただし、遺伝的要素の強い人は、育毛に必要な生活改善をおこなう意思が重要」

 

ということです。

 

過度のストレスがあれば、脱毛します。

 

体験済みです。

 

仕事が忙しい上、なれないことからミスが発生し、上司からしかられるような日々が続けば、よくないです。

 

どんなに忙しくても睡眠は7時間以上確保することが、心にも、髪にも重要なことなのです。

 

 

漢方の考えでは、心と体は一体です。

 

漢方の考えでは、心と体は一体です。

 

 

重要なので2回言いました。

 

発毛するには、発毛する「心の状態」が、必要なのです。

 

私は、男性型の脱毛症の遺伝の影響を強く受けていましたが、漢方療法で髪の毛を維持しています。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です