薄毛を招くストレスの恐ろしさ

薄毛を招くストレスの恐ろしさ。

 

ストレスはご存知のように、身体と心を痛めつけます。

身体の中でも、肌と髪はストレスの影響を強く受けやすい部分なのです。

 

髪の毛が急に薄くなった人や、急激にハゲた人を見ると、

「かなり、苦労しているのだな」

と連想ゲーム的に思うものです。

 

utsu02.jpg

 

苦労してストレスを抱え込んでいるのだから、髪がうすくなったのだな、とほかの人は思うのです。

そして、その考えは、当たっていることが多いのです。

私は24歳の時に、薄毛遺伝子の活発化が始まりました。

当時のことを思い出すと、薄毛化の原因は「ストレス」だったと思うのです。

 

その当時、もし、ストレスが大きくなければ、いずれ薄毛の遺伝子は活動を始めていたにせよ、24歳で薄毛遺伝子が活発化することはなかったのではないか?というのが実感です。

たとえば、大学生のままだったら、おそらく髪の毛の変化は「なだらか」だったと思います。

24歳の当時は仕事に追われ、夜は11時までとか仕事もしました。

夜の11時まで気の抜けない仕事をして、やっと終わったと思ったら、先輩や上司が、

「さあ、今日は一杯飲みに行くかぁ!!」

などと言い出します。

 

私は早く帰って、ゆっくりしたいのに、酒の好きな人は、かえって夜遅くまで飲んでリフレッシュするのでしょうか。

これもストレス。

仕事におけるストレスの積み重なりが、薄毛や抜け毛を呼んだのですね。

仕事で緊張した一日を長時間続けると、頭皮もカッチカチ。

血行は良いわけがないです。

肩もコリます。

血行が良いわけがないですよ。

 

ストレスを解消することは、育毛の大前提です。

大きなストレスをかかえたまま、高価な育毛剤や育毛シャンプーを使っても効果は少ないでしょう。

発毛サプリメントも効果を発揮できません。

 

髪の毛は、心の中が青空のような感じの時に、グングン生えてくるものですよ

ですから、私は、心のケアが育毛には非常に重要だと思うのです。

では、髪の毛のためにはストレスはいけない、といってすぐストレスは解消できるでしょうか?

 

そうは、いきません。

ストレスをなくしたいなら、具体的な行動が必要です。

ひとつはラジオ体操のようなものでもよいので、毎日、体を動かすことです。

そしてもう一つは、心を平安にして、かつ髪の毛をぐんぐん太らせるコラーゲン賞遺品を飲むことです。

カイセイ・ミレットアルファです。

 

安全に、ストレスを緩和させ、心を明るくしてくれるのですね。

軽度のうつ気分なら、カイセイミレットアルファを飲むと、元気になります。

髪も心も。

髪のハリやコシに【回生堂ミレット】

回生堂のミレットには、3種類ありますが、ストレスのある人には、私はミレットアルファが最適だと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です